東京都中央区タウンストーリー株式会社

お問い合わせ

ブログBLOG

「地方創生」ってなに?なぜするの?②

 

 

こんにちは!管理部の伊藤です。

前回は「東京一極集中」を事例として、「地方創生」とは何かを考えてきました。

本日は前回で見失いそうになっていた「『地方創生』の意義」について私なりに考察して

いきたいと思います。

 

早速ですが、東京には人口だけでなく様々なものが集まっていますよね。

そこで、だいぶ極端なのですが、日本が「東京だけ」の国になってしまったらどうでしょう。

まるでシェルターのような、宇宙船のような、閉ざされた土地になってしまったら?

東京に様々なモノ・コトが寄り固まってしまったとしたら、そこにいる人々の考えが同化してしまい

「その場所ならでは」なモノがなくなってしまう、そのものの良さが薄れてしまうのでは?

 

たとえば、皆さんには「あそこに行ったら絶対アレを食べたい!」というものはありますか?

大阪へ行ったら「たこ焼き」が食べたい、岩手に行ったら「わんこそば」に挑戦したい、島根の「はしまき」

に、「讃岐うどん」や「佐世保バーガー」など、ご当地グルメは挙げるとキリがないですよね!

しかし、食べ物にかかわらず、様々なものが東京に集まりすぎてしまうと、今まで育まれてきた日本と

しての良さや、文化の創造性に限界が来てしまうのではないでしょうか。

 

世界からみて日本はまだまだ経済大国であり、先進国です。以前は先を行く欧米諸国を時には真似

て、見習ったりしてきましたが、これからはどんどん新しいものを生み出す多様性が必要だと感じます。

そしてそれを生み出す地方に、必要な人口や経済基盤が重要であることは明白ですね!

 

今回「地域創生」について調べているうちに、私自身まだまだ学ぶべきことがたくさんあるということや、

「地域創生」の必要性を痛感いたしました。

今後もこちらのブログを通して私達「TOWN STORY」の活動だけでなく、様々なことをみなさまに

お伝えしていきます!

 

カテゴリー:

2017年11月10日

新着情報

カテゴリー

月別