東京都中央区タウンストーリー株式会社

お問い合わせ

ブログBLOG

「地方創生」ってなに?なぜするの?

 

 

はじめまして!管理本部 伊藤です。

本日からブログの運営に携わらせていただくことになりました。どうぞよろしくお願いいたします!

政治や経済・地域のことなど、まだまだ勉強中の私ですが、学びや気付きをこちらで共有させて

いただければ、と思っております。どうぞよろしくお願いいたします!

 

早速ですがテレビや新聞などで、「地域活性化」や「町おこし」などの言葉をよく目にしていまし

たが、これまでの私はそれらの情報を右から左へ流してしまっておりました。

そこで今回は、そもそも地域を「活性化」させる理由とはなんなのか?という点について

私なりにまとめてご紹介していきたいと思います。

 

第二次阿部政権の発足時の会見にて、「東京一極集中」している現状を是正し、地方の人口

減少を食い止め、日本全体の活力を上げることを目的とした「地方創生」という政策が述べら

れました。(平成26年9月3日)「ローカル・アベノミクス」ともよばれています。

つまり「地域創生」とは、国を挙げて行われている大規模な「町おこし」ということ。

しかし、「統一地方選」という政治的な意味合いを抜きにして、この「地方創生」の意義とはなん

なのでしょうか?

 

たとえば地方の人口が減少したとしても「東京一極集中」と言われるように、東京へその分の

人口が移動しただけならば、国としては人口が「減った」わけではないので、なんら問題は

ないのでないのでは?と思えてしまいます。さらに言うと、東京の方が様々な面で発展して

いるから、老若男女問わず住みやすいのではないだろうか?

また、人が居ない地域を整備していくよりも、人口の多い東京もしくはその周辺地域を発展さ

せるためにコストをかけた方が効率的且つ経済的、もっと言うと実用的なのではないでしょうか?

 

ここまで考えてしまうと、「地方創生」の意義が完全にわからなくなってしまいそうですね。

明日は私自身の考えであることを前提に「地方創生の意義」について考察してみたいと思います。

 

カテゴリー:

2017年11月9日

新着情報

カテゴリー

月別