東京都中央区タウンストーリー株式会社

お問い合わせ

ブログBLOG

WEBサービスで拡がる「地域活性化」②

私TOWN STORY編集長が、地域の魅力を引き出すWEBサービスをご紹介する<WEBサービスを駆使した「地域活性化」>の第2弾。
今回は、職人支援サイトと通じて広がる“市民参加型ものづくり支援コミュニティ”です。

 

 

《 日本の職人さんをみんなで応援する『伝統サポーターズ』》

伝統工芸や民芸といった産業界で深刻化しているのが需要の低迷です。
その背景には伝統的な技術や技法を大切にするがゆえに、大量生産の困難さや原材料にこだわった結果としての価格硬直があります。
需要のないところに次世代の職人は集まらず、それによって市場のニーズを捉えきれなくなり需要がさらに低迷していく。こうした負の循環に楔を打つため、『伝統サポーターズ』が誕生しました。

市民参加型ものづくり支援コミュニティとして、跡継ぎ問題に悩む伝統産業の職人・作り手、未来のものづくりを担う若手職人・作り手の継続的なファン(顧客)を獲得するのを目的とした新しいWEBサービスです。

ファンであるサポーターはお気に入りの職人・作り手に月額500円から支援ができるほか、職人や作り手との交流、年に1度提供されるお礼の品を通して伝統的な “手仕事” に触れる機会を得られます。

 

昨年、ベータ版として3件のプロジェクトが公開されており、そのうち、栃木県の伝統工芸品である “指物” 職人を支援するプロジェクトが見事目標金額を集めまたそうです。
今では職人・作り手の登録約300人、サポーター数も上昇していて、新しいプロジェクトや、地域との交流イベント、そして何より職人と市民との新たな信頼が生まれてます。

 

 

私たちが運営する SNS 『TownStory 』の特徴のひとつが、グループ設定です。
例えば、○○市の人たちと情報交換をしたいと思ったらグループを作り、そこに共感してもらった人たちとグループ内でやりとりできる、そんなサービスです。
ですので、職人さんや作り手を応援するグループを作るも良し、職人自らグループを立ち上げて作品を投稿して継続的なファンを募るのも良し、様々な用途・目的でコミュニティが広がります。

地域密着型に特化したアプリサービスだからこと出来ること。
職人さんであれば自ら作った作品、お店の店主であれば新作メニューの告知など、その地域の情報を発信し、ご近所さんとも簡単に情報交換ができるSNSサービス。それがSNS 『TownStory 』です。

私たちTOWN STORY は “街と人” “人と人”を結ぶWEBサービスとして、これからも地域密着・地域活性に貢献していけるよう頑張ってまいります。

 

 

SNS 『TownStory 』 はこちらのPQコードからご登録できます。

      

カテゴリー:

2017年11月8日

新着情報

カテゴリー

月別